日焼け止めが肌を守る?

紫外線の種類

紫外線の種類

  • さて、それではまず日焼け止めについて詳しく紹介する前に、太陽光に含まれている紫外線の種類について、より細かく紹介します。紫外線はその波長の長さによって、三つの種類に分けることができます。最も長いものがUVA、次に長いものがUVB、最も短いものがUVCとなっています。これらはいずれも紫外線ではあるものの、それぞれ持っている性質に違いがあり、どれだけ有害であるのかについても違いがあります。

    まずはUVAについてです。これは波長の長さの関係から、最も多く地表に到達する紫外線ということになります。この紫外線については、窓ガラスなどを透過する性質を持っている関係から、肌に対して影響を及ぼしやすくなっています。UVAの日焼けは人体に対する悪影響が弱い性質のものではありますが、それでもたるみやシワなどの原因となります。

    次に、UVBについてです。こちらは量こそ少ないものの、肌に当たると皮膚の黒化とよばれる現象を引き起こす、非常に悪影響の大きい紫外線となっています。UVAによる悪影響だけではなく、皮膚がんの原因となってしまう可能性も高いものです。

    最後にUVCについてです。これはほとんどオゾン層に吸収されますが、もし多量に浴びると皮膚がんや白内障の原因となります。