日焼け止めが肌を守る?

SPFの意味

SPFの意味

  • それでは次に、紫外線を防止する効果がある、日焼け止めの選び方について紹介します。日焼け止めと言ってもその種類は数多く存在しており、その中のどのようなものを選ぶのかによって効果が違っています。この時、日焼け止めに表示されている2つの指標が選ぶたのめ基準となります。ここではその1つについて紹介します。

    まず1つはSPFと呼ばれるものです。このSPFは、サン・プロテクション・ファクターの略称であり、直訳すると太陽光防止因子です。要するに、どれだけ紫外線を防御することができるのか、という効果を示しているもので、主にUVBに対する効果を示しているものとなっています。この数値は、本来であれば日焼けまでに掛かる時間を、どれだけ延長することができるのか、ということを示しています。例えばSPF50である場合、これは日焼けまでの時間を凡そ50倍に伸ばす事ができると言う意味です。

    人によって日焼けまでに掛かる時間は違っていますが、凡そ10分から20分ほどであると言われているため、10分の方ならば500分、20分の方なら1000分まで日焼けの防止効果を発揮することができるという意味となります。自分の日焼けのし安さと外出時間と相談して使用すると良いでしょう。